2011年04月30日

ジャンド

ファイル0148.jpg
マジックでもジャンドってデッキが去年暴れたそうな

※黒赤緑の優秀なクリーチャーや除去などからなるグッドスタッフ的なデッキである。クリーチャーとその他の呪文がほぼ半々であるビート・コントロールタイプが最も一般的だが、除去を多く積みクリーチャーを一桁まで抑えたものから、「朽ちゆくヒル/Putrid Leech」などの軽量クリーチャーによるビートダウンに傾けたものまで、幅広い構成が存在する。黒赤緑ビートダウンとの 境界はかなり曖昧。
特に「アラーラ再誕」以降は続唱のギミックを活用したものが主流である。


※黒赤緑

インベイジョン・ブロック期には同じ色の組み合わせを持つ「点火するものデアリガズ/Darigaaz, the Igniter」からデアリガズカラーと呼ばれ、「アラーラの断片」ブロック期には同様に※ジャンド/Jundにちなんでジャンドカラーとも呼ばれる。

※ジャンド

地上は多くの火山と密林で覆われ、いたるところに硫黄や溶岩が噴出している過酷な世界である。上空にはドラゴンが舞う弱肉強食の世界である。
ドラゴンを頂点とする食物連鎖が形成されている。ドラゴンに続き、ヴィーアシーノ、人間などが中間層、ゴブリンが底辺である。下位になればなるほどドラゴンに捕食される可能性の高い火山の近くに居住するという特徴がある。


遊戯王のはモンスター名の頭足しただけだから元ネタとは違うんだろうけど


正直「ジャンド」って名前はカッコ良くはないよね

posted by お芋 at 08:55| 福岡 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。